HOME > ビモータ / bimota

ビモータ / bimota

ビモータという社名はヴァレリオ・ビアンキ(Bianchi)、シュゼッペ・モッリ(Morri)、マッシモ・タンブリーニ(Tamburini)の3人の創設者の名字からつけられています。1966年に空調設備の会社として設立。マッシモ・タンブリーニは空調設備会社を運営する傍ら、空調設備で培ったパイプ加工技術を使ってバイクのオリジナルフレームを作り始め、軽量、低重心を実現した美しいフレームを完成させ、ハイパフォーマンスの日本製のエンジンを搭載し注目を集めました。その後、世界GPで好成績をあげ、ビモータは高く評価されましたが、90年代後半に発表されたマシン500Vdueのリコールによりビモータは深刻な財政難となり破産宣告を受けます。2003年に新しい経営陣と優秀なスタッフを集め、ビモータは新たなマシンの製造を開始。モーターサイクル・デザイン・アワードを獲得するなど、新生ビモータは新たな歴史を歩み始めています。

更新情報

ページトップへ戻る

個人売買の詳細

最新ニュース Pick-Up!

新着記事

Copyright(C) 2011 中古車 中古バイク 個人売買仲介 千葉県 CARS OFF JAPAN (カーズ オフ ジャパン) All Rights Reserved.