HOME > ドゥカティ / DUCATI

ドゥカティ / DUCATI

ドゥカティの歴史は、1926年に、アントニオ・カヴァリエーリ・ドゥカティと、ブルーノ・ドゥカティ、アドリアノ・ドゥカティ、マルチェロ・ドゥカティの3人の息子がイタリア・ボローニャに小さな電気部品会社を設立したことから始まります。1946年に「クッチョロ(子犬)」というミニバイクを作り、これが世界中に25万台以上売れる大ヒットとなります。1954年に、エンジニアとしてファビオ・タリオーニが加入する。彼の作ったエンジンの品質を証明するために、ドゥカティはレースに参戦するようになります。一度レースから撤退していたドゥカティだが、1972年に復帰し、イモラ200マイルレースに参加する。ここで、ポール・スマートとブルーノ・スパッジアーリがデスモLツイン750ccレーサーを駆り、ワンツーフィニッシュで勝利する。デスモLツイン750にとってはデビュー戦でした。1983年、カジバグループの傘下となります。その後、レースで確かな実績を残していたが、1995年、系列会社の投機によって経済危機に陥り、1996年にアメリカの投資会社パシフィックグループに買収されます。

更新情報

ページトップへ戻る

個人売買の詳細

最新ニュース Pick-Up!

新着記事

Copyright(C) 2011 中古車 中古バイク 個人売買仲介 千葉県 CARS OFF JAPAN (カーズ オフ ジャパン) All Rights Reserved.